上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.18 お猿
今日は猿の惑星をテレビで見た。
一回DVDか何かで見た事があるので大体のあらすじは知っていたものの、見てしまった。
途中からだけどね。

近未来の話でタイムマシンみたいな物を使って猿が人間を支配する惑星に
到着し、実はその惑星はかつての地球だった。みたいな話。

タイムマシンが出てきて過去に戻らなかったのは正解。
過去に戻るには光速を超えないといけないが未来に行くのは
光速を超えなくても可能なので未来には行けるかもしれないそうだ。

たしかに過去に戻れるのならこの時代にも未来人が来てるだろうし。
来ていないということはどれだけ未来の技術を使っても過去には戻れなかった、
ということになる。ただ単に未来から来たと言えないだけかもしれないけどね。
いきなり「ぼくドラ○もん、未来から来たんだ」とか言われたら
「うわっ何こいつ頭イッチャッテルのか?
近くに総合病院があるからそこで診てもらおう」ってことになるでしょうからね。

ていうか、ここで過去に戻ったらその時点で映画が展開しないからね・・・・

まぁいいや。

その後もかの有名な主人公が砂に埋もれた自由の女神をみて愕然とするシーンを
見るべく蚊に刺されながらTVを見つめる。







まだかなー



まだかなー


ん?


あれ?女神は?自由の女神は?

なんかここまで頑張ったのに女神出てこなそうだ・・・

と思い始めた頃、主人公は自分が乗っていた宇宙船が猿の惑星に何千年も前に墜落して
いたという事を知り、実はここが未来の地球だったということに気付く。

やっぱ女神でなかった・・・

墜落していた宇宙船の運転席のようなところで機械を起動させる。

機械何千年もたってるのに元気に起動すんのかよ!

まぁ未来だからそのくらい大丈夫なのかな。ということで画面を見続ける。

運転席の画面に何千年も前のビデオが映る。
船が墜落した時のビデオらしい。船には動物が乗っていて、その飼育員の
女性が必死で喋る。
ずば抜けて頭の良い猿が他の猿を率いて人間に反撃を始めた、という内容。
「あの子は他の猿とは違うと思ってたわ!」

親バカ。

で、その反乱を起こした猿たちが進化して地球を支配した、ということらしい。

猿の反乱くらい人間止められなかったのかよ!多分ホームアローンみたいな
具合でやられたんだろう。

そして、とくに主人公はそれを気にする事もなく、追いかけてくる猿と戦うという
シーンに移る。そして猿と人間達が大乱闘を繰り広げている時に
タイムマシンが降りてくる。一同、タイムマシンに目がいき、戦闘が止まる。

タイムマシンの扉が開き、宇宙服を来た人が出てくる。
そして、ヘルメットを取ると、なんと中から猿が!
凄すぎる。姿形はまったくもってチンパンジーのくせにタイムマシンを扱うのである。

わかった、これは猿の惑星を題材にしたコメディ映画か!

ていうか猿が宇宙服を来てる時点で何かの放送事故だと思ったのは俺だけではないはず。
しかもどうやらその猿が反乱を起こした頭の良い猿らしい。

なんでだよ。

反乱起こしたくせに今度は助けにきちゃったよ。
「俺より上手く運転したな」
その前に猿が運転したということに対して疑問を抱けよ!モモちゃんより芸達者だよ。

運転席から猿を下ろして主人公は今まで戦っていた猿達に説明をしようとする。
すると、天才猿はかつて自分が収容されていた宇宙船の残骸に走り込む。

もうこの時点で何がなんだか・・・。

そろそろチョッキをきた志村さんが出てきてもおかしく無いなと思った。

それでなんだかんだで猿と人間が仲良くなる。
主人公はタイムマシンで帰るという。
ヒロインがここにいてほしいと主人公に言う。
「いかなきゃいけないんだ・・・」

お前は帰りたいだけだろ!

主人公は自分だけいそいそとタイムマシンに乗り込む。
タイムマシンは上空に飛んで行き、光って消えた。

なんで?

こいつはもしかして過去に戻ろうとしているのだろうか。
ということは光速を超えることができるということ。

すっげー。

そして主人公は過去に戻るつもりで時間をさかのぼる。
主人公の乗るタイムマシンは地球に近づき、不時着。


そこにパトカーがやってくる。
中からゴリラが警察の制服を身につけ、銃を構えている。

もうわけわかんねー。この主人公は未来に行きたいのか過去に行きたいのか・・・。
ゴリラが警官の制服を着ているということはさっきまでいた地球の、
さらに未来まで来たという事だ。それみろ過去には戻れないんだよ。


完全にコメディだ!


ていうかファンタジーだ・・・俺こういう映画好き。

そして最後に。
これは別に猿の惑星を馬鹿にしたわけではないのであしからず。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ibukids.blog88.fc2.com/tb.php/60-b849f41d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。