上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.17 良い本悪い本

ついさっき伊坂幸太郎のラッシュライフを読み終えました。
読書家の人からしてみたら狭くかつ浅い作家知識しかありませんが
今好きな作家さんは伊坂幸太郎です。
ちなみに好きなジャンルはミステリーです。

読書が苦手な自分でもわかりやすく、
かつフルに頭を使って読めました。

前半に読者に感づかれないように伏線を至る所に
配置して、ラストに一気に伏線の回収をするというのは
上手い書き方だなぁと思いました。

伊坂幸太郎とか奥田英夫の本は読んだあとに
すぐに誰かに報告したくなるような感覚に襲われる感じがしますw

しかし、
これは自分が良い本と感じたからであって悪い本と感じると本当にゲンナリします。
ぐったりしちゃいますよ、もう。

例を挙げると・・・
いや一応、書いておきますがこれは僕個人の感じ方ですよ。
乙一のGOTHと山田悠介のリアル鬼ごっこは本気で損したと思いました。
GOTHは題名で気付くべきだったのですが、グロすぎで気持ち悪くなってきたし
ストーリーもなんか・・・ジャンプくさいっていうか・・・。

リアル鬼ごっこは恐ろしいほど先が読める超ベタな展開で読む気が失せました。
半分も読んでいない時点でオチが多少読めちゃうのは問題ですよ。
はっきり言っちゃうととんだ地雷だった。

もしこの二冊を読みたいなら図書館で借りてみたほうが良いです。
多分人によって色々な感じ方があるのでおもしろいと感じる人もいると思いますが、
買って読んだときにつまらないと感じた場合、絶望的な心境になりますよ。
絶対に友達に挙げちゃったりするほうがいいです。

良い本と悪い本を見分けるのは難しいですが、
色々な人の意見を聞いて、
まずは店頭に並べられている人気の本を買った方がいいです、絶対!




はい、もうなんか何を言おうとしてたのかわからなくなっちゃいましたね。
乙一と山田悠介の悪口になっちゃいました。
ファンの皆さんごめんなさい。
あくまでも個人的な感じ方です。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ibukids.blog88.fc2.com/tb.php/226-142b2653
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。